保健師 進学先

保健師になるための進学先

在学中の成績次第では国家試験を受けられないことも

人々の健康をサポートする保健師になるには、専門の学校に通って国家試験に合格する必要があります。
保健師になるために進学する学校としては、看護科のある高校・看護の専門学校・看護科のある短大・看護系の大学・保健師学校・保健師の専攻学科がある短大があります。
いつ保健師を志したかによって進学先は変わってくるでしょう。
例えば高校に入る前から保健師を志したのであれば、看護科のある高校に入学します。
次に看護科のある短大・大学に行き、最後に保健師学校に通うという仕組みです。
高校から志したのであれば高校卒業後に看護系の短大・大学に行き、次に保健師学校に行くという道です。
保健師になるには国家試験に合格する必要があり、またその試験を受ける資格も必要です。
資格は学校に通うことで取得することができますが、成績によっては資格を取得できない恐れもあるようです。
保健師になるまでには長期間学校に通って勉強することとなります。
その期間を無駄にしないように、しっかりと勉強をして試験を受ける資格を取りましょう。

 

保健師求人を探すならココ

保健師になるための資格

看護師・保健師のW受験は難しい

保健師になるには必要な資格があり、どれも簡単に取れるものではありません。
まず保健師になるには保健師国家試験に合格する必要があります。
しかしそれを受けるには資格を必要とします。
その資格とは、看護師の資格です。
保健師になる前に看護の学校に通い、そこで看護師の資格を取得します。
次に保健師学校に通って、卒業の時に国家試験を受ける資格を取得できるのです。
看護系の大学に行けば、卒業と同時に看護師・保健師の国家試験を受験する資格を取得することも可能です。
以前までは看護師の試験に落ちても、保健師の試験に合格していれば保健師として仕事をすることが可能でした。
しかし法が改正された今では看護師・保健師の試験、どちらにも合格する必要があるのです。
二つの国家資格を取得することはとても難しいことです。
ですのでまずは看護師の資格を取っておき、取得後に保健師学校に行って保健師の資格を取得することをおすすめします。
看護系の大学に行くと、同時に看護師・保健師の試験を受けなければなりません。